« 業務用メールアドレスを正式に変更 | メイン | links for 2006-07-21 »

2006年7 月21日 (金)

WIRELESS JAPAN 2006に行ってないけど気になるコト

特に目玉になる発表はないだろうなあと思って回避しつつ、正直行けば良かったかなあと思いつつあります。やっぱりネタは足で稼ぐことが重要ですから。

各地で上がっているレポートの中で気になるのは、HSDPAでもWiMAXでもなく、W-SIMです。えーと、こう書くととても誤解されそうなので書いておくと、W-ZERO3関連はもうおなかいっぱいです。W-SIM自体の話ですね。

現状ではネットインデックスのRX410INの1機種のみで、4xパケット通信(W-OAM非対応)、PIAFS 2.1、音声通話のサポートなわけですが、以前からちらほら噂されているとおり、他社からの供給もあるもようです。どのニュースサイトでもたぶん出てない情報だと思うのですが、yet another W-SIMには以下の機能が載りそうな気配があります:

  • 自営第3版対応
  • W-OAM (8PSK/BPSK)
  • ハーフレート音声通話
タレコミいただいた元ネタ画像を上げると分かっていただけると思うのですが、ライセンスとかそこらへんの事情でちょっと無理です(自分で撮影したものならエイヤっ! で済むんですが)。ので、かぎりなく眉唾っぽい情報ということにさせてください。

W-SIMは、まず大前提としてPHSです。ので、PHSのネットワーク機能として今までできたことが載るのは、普通に正常進化といえます。まず、なんと言っても自営第3版対応というのは夢があります。「これからはFMC!」と各キャリアが言ってますが、その道はPHSが遙か昔に通り過ぎた道なんですよね。まあ、当時は固定事業者と移動体事業者がバラバラだったのでうまく実現はしませんでしたが、今ならだいぶ事情も違います。特に、NTTドコモのパッセージがガンガン巻き取られている昨今、その代替ソリューションとしてウィルコムが食い入る隙は十分あります。現状ウィルコムの現行機種で自営対応しているのはAH-J3003SとWX310Jあたりですが、これだけだとちょっと弱い。業種ごとに欲しい機能はいろいろ違うはずで、例えばW-ZERO3みたいなカスタマイズ可能な端末が適している業態や、逆にnico.のような音声特化型端末が適している業態、あるいは従来のようにフルブラウザがついていてナンボ、という業態もあると思うのです。ここをいただくには、絶対に自営対応のW-SIMは必要です。で、どうやらそれについては準備しているようなので、しめしめといったところなわけです。

BPSK対応、音声ハーフレートは、基地局が対応してくれないとなんともならないのでまだ時期少々かなあ、という気がしますが、あって困るものではなさそうです。ハーフレートも、限られた帯域に詰め込むためというよりは、到達性を上げるために利用されるわけですし、今までつながらなかったところで通話ができるのであれば、それは絶対に強みになるはずです。これはW-SIMにかぎりませんが、W-SIMで実現したときのインパクトは、きっととても大きいはずです。

最近nico.を買って大変満足している私にとっては、SIM STYLEの端末のバリエーション以上に、W-SIMそのものの将来というのも、期待しています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a7145d36970b0120a7145f08970b

Listed below are links to weblogs that reference WIRELESS JAPAN 2006に行ってないけど気になるコト:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2008年3 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


Powered by TypePad