« links for 2006-07-20 | メイン | 業務用メールアドレスを正式に変更 »

2006年7 月21日 (金)

B-CAS cracked?

こちらのエントリより、このデモ

このページのみでは情報が少ないのですが、整理してみます。まず、B-CASカードはISO 7816で規格化されたICカードです。当然標準化されてるのでリーダーも(値段はともかくとして)入手可能。B-CASで用いられてる暗号形式MULTI2も標準なので、アルゴリズム自体は既知のものです。

従来の視聴制御クラックは、MPEG2-TSストリームにかかっているMULTI2暗号化を、正規の暗号鍵を使わずに解いてしまおうというものでした。ただ、これ自体はB-CASシステムでも想定されているため、そう簡単にはいきません。そこで、正規の鍵を持ったB-CASカードを使えばいいじゃないか、というのがこのクラックです。これなら、B-CASカードと受信機の間に流れるストリームのプロトコルを解析できれば理論上は攻略可能ですね。

私の理解では、個別のB-CASカードに対して、契約情報の無効化(要するに使えなくすること)は可能だが、特定の受信機のみの無効化は不可能(受信機を特定するための情報は受信機側にない)ではなかったでしょうか。となると、このクラックはB-CASに対して致命的なんじゃないかと……。なにぶん、この辺の情報は少ないので、ホントかどうか怪しい部分はありますが、実際にデコードできてるっぽい画があるところが気になります。詳しい方にコメントをいただきたいところです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a7145d36970b0120a7145f30970b

Listed below are links to weblogs that reference B-CAS cracked?:

» USB接続のB-CASカードリーダーが編み出される from お気楽なぺーじ
JRなんとUSB接続のB-CASカードリーダーが編み出されました。 http:/ [続きを読む]

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2008年3 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


Powered by TypePad